マンション経営をして資産を運用しよう【福祉制度が充実】

マンション

失敗事例から学ぶこと

セミナー

利回りがよくなったことで、マンション経営も急ピッチで行われるようになりました。低資金で始められ、尚且つ保証会社のサポートがしっかりしたあたりから、手を出す人が増加したと思われます。

Read More...

相続税対策物件の増加

不動産

日本では相続税の増税によって不動産保有者の節税対策が進んでおり、アパートやマンションの一括借り上げによる事業の推進が増加しています。一括借り上げは長期に渡って安定的な収入が見込まれるとされています。

Read More...

考えなくてはならない事

考える男性

アパート経営を成功させるためには非常に苦労をしてしまうことが多いです。満室経営の事を考えなくてはなりませんしその他に周りのアパートの価格などを調べなくてはなりません。全て考えて行動をする事によって上手く経営できます。

Read More...

不動産投資を説明します

家賃収入で、安定した収入を得ませんか?マンション経営を行いたい方はこちらで基礎知識を得ておきましょう!

低リスクで高利回りです

日本社会が活発な経済成長期を続けていた頃には、預貯金をしているだけでも十分な利回りがあって将来の不安を感じることはありませんでした。しかし、経済成長が減速して以降の金利では、預貯金で利回りを期待することは出来なくなりました。そのため、様々な投資が普及していく中で、近年はマンション経営が注目を集めています。社会的な生活を営むためには、住居は不可欠です。その点で、マンション経営は誰もが生きていく上で必要な要素を取り入れた投資行動なので、投資のリスクを比較的低く抑えることが可能です。その一方で、居住者がいる限り長期間に亘って収入が見込めるため、投資としての利回りは物件の所有が続く程、上昇を続けることが期待できます。

長期的な収入になります

従来の日本社会では福祉制度が充実していたので、老年期には年金の支給を受けていれば一定程度の生活水準を維持することが難しくありませんでした。しかし、高齢者人口が増加する一方で少子化が進行している影響で、年金支給額が減少して制度の破綻も危惧されています。そのため、老後を安心して暮らすための収入を確保することを目的として、マンション経営で安定した収入を得ることが人気を集めています。また、マンション経営は、相続税対策としても非常に有効と指摘されています。不動産の規模が大きいと、相続者同士で分割することは容易ではありません。しかし、マンションならば、同等の品質のワンルームを容易に分けることが可能になるので、利用する人が増えています。

Associated Link

  • サブリース比較君

    お得な値段で一括借り上げを行ってくれる業者を紹介してもらえます。出費を抑えたいとお考えの方は利用してみましょう。